HOME 妙福寺縁起 境内案内 瀧行 葬儀
永代供養 ペット供養 年中行事 日常風景 交通案内
リンク集 藤情報 住職の一言 震災慰霊参拝記録 銚子幼稚園


 妙福寺縁起

皇室、幕府との厚い信頼を結んできた妙福寺の輝かしき歴史と伝統。

海上山 妙福寺は正和3年(1314年)4月26日、人皇95代 花園天皇の時代に、 日蓮聖人の直弟子 中老僧日高聖人を開基とし、大本山中山法華経寺三世 浄行院日祐聖人によって開創された名刹です。
当時は銚子市の隣り、匝瑳市八日市場の入山崎にあり、「槃若寺」と称し、真言宗に属していましたが、 時の住僧 円学は日祐聖人の偉大さにふれ、ついに心服し、寺も僧もその宗旨を改めました。
寺号を海上山 妙福寺とし、住僧 円学は日正の名を与えられたのです。
この日正が当山の第三世となり、以来、灯を伝えて現在45世、約600余年を数えています。
現在の海上山 妙福寺の姿が完成したのは、第25世紫雲院日逢上人から第27世 開示院日邵上人の間、 約33年の歳月を費やしたものです。そして中御門帝の時以来、勅願の寺跡として表高十万石を与えられました。
正面にある枡形の石垣表門は、その寺格を表したものです。
また、山主晋山に際し、宮中より緋紋白五條、紫衣、女帝用乗輿等のご下賜を常とし、各堂宇に十六菊定紋、 葵御紋の使用が赦されるなど、皇室、幕府との結びつきが深められてきました。
そのため、当時銚子には高崎藩の別封地があった関係で、山内には高崎藩士が常時十数名も詰めて警護に当たるなど、 内外ともに一大法城の面目を備え、遠近から老若男女が集まり、隆盛をきわめました。
また歴代の先聖は、大方化主、能化の師が多く、教化はますます拡大し、北総唯一の宗門弘通の道場として 広く世に知られるようになりました。

ページトップへ

東海鎮護の神 北辰妙見大菩薩

妙見宮本殿には、聖徳太子の御作 本朝北辰尊像造立の濫觴(初めての作)と伝えられる北辰妙見大菩薩像が祀られています。
この尊像は、千葉県にゆかりの深い源満仲公が深く尊信したもので、代々源家に伝えられてきたものです。
右大将 頼朝公、後に豊臣秀吉公も尊崇するようになりました。
加藤清正公が三韓征伐に出発するとき、 清正公に授けられましたが、帰朝のあとは大阪城中に奉祀しました。
江戸時代に入ると、江戸城中から、さらに多古城主 松平家に伝わり、正徳五年になって平山久甫氏をはじめ 幕府および松平家などが発起人となり、東海鎮護の妙見大士として当山に祀られるようになりました。
以来、天下泰平・開運勝利、福利増進、除災得幸などの願いが成就するといわれ、今でも「銚子の妙見様」として、 尊信敬持する人があとをたちません。
ページトップへ

学校法人 妙福寺学園 銚子幼稚園  

42世日静上人により昭和28年に創立されました銚子幼稚園は「人間形成の基本は幼児期における薫陶にあり」との理念から、仏教に於ける宗教的情操教育「心の教育」を推進し、平成20年より学校法人妙福寺学園としてさらにその教育理念の発展拡充に努めています。
ページトップへ

火状のお稲荷様 正一位妙福稲荷大名神

院宣により正一位を賜った御尊体は、 火状のお稲荷さまとして内外に知られています。
明治三十年三月三十日、客殿から出火した際、隣接する祖師堂がお稲荷様のおかげで類焼の災厄から まぬがれた話は有名です。
また昭和二十年の空襲の時には、当山境域と周辺町内だけが災厄からまぬかれ、 その霊験のあらたかさを示しました。

ページトップへ

北総唯一の宗門にふさわしい境内の諸堂

享保年間に造立された総欅造りの入母屋銅瓦葺の「本堂」をはじめ、一本の釘も使わず組込式の総欅権現造りの「妙見宮本殿」および拝殿の「妙見堂」、さらに法華経信者を擁護する善神 七面大明神を祀る 「七面堂」。他に「浄行堂」「帝釈堂」「宝石稲荷堂」。 技芸上達・商売繁昌の願いをかなえてくれる「妙音弁才天」、妙見宮の二百貫神興が納められている 「宝聚殿」「平川竜神堂」、水子を供養する「慈母観音水子供養塔」、また昭和60年に完成をみた、当山開創以来この地を守ってこられた、大変な神通力をもつ大竜神をお祭りする 「大竜神堂(六角御堂)」、平成18年10月には、自己鍛錬・修行の道場として「竜神御滝」の大改修が円成しました。

大龍神堂


御瀧改修落慶記念

ページトップへ


Copyright(c)2006 妙福寺 All Right reserved.