こんな小説の一節が目に入った。
 ラクダが砂漠に()めて、キリンが棲めないのは何故だろう?・・・
 〈背が高すぎるんです〉             ― 『吊された少女』 ―
 キリンは背が高すぎて、見渡す限りが砂漠であることをすぐに悟ってしまうが、ラクダにはそれがわからず、すぐ先に緑の泉(オアシス)があるかもしれない、そんな希望を持って歩みを重ねることができるからであろう。

                  
手のつかぬ
                        
月日ゆたかや 初暦(はつごよみ)
                  
初暦(はつごよみ) 
                        
知らぬ月日は 美しく

 迎えた1年・365日、待っているのは炎熱や砂嵐ではなく、緑の泉であることを信じて歩みを進めていくしかない、とは言え・・・
                      
『独来、独去、無一従者』
                                               ― 大無量寿経 ―
(ひと)り来たり、独り去り、(いつ)の従う者なし。
 父去り、母も昨年、たった一人で行ってしまった。私もいつか必ず一人で行かねばならない。繁雑な日常にかまけつつも、いざとなれば、みんな一人ぽっち 〜 。この峻厳な事実から目をそらすことは決してできない。で、あるからこそ。
                        二度とない 人生
                        二度とない 今日(こんいち)ただ今
 《時》、時間・・・すべての人に平等に与えられた貴重な財産、その使い方を銘記したい。
 哲学者キルケゴールは言う「人生は、解決すべき問題ではなく、経験すべき現実である。」と。人生の問題は、単に考えているだけではその答えは見つからない。行動、そして経験する中から、絶え間なき経験から、問題解決への糸口が必ず見つかるものだ。〈目前(もくぜん)の目標〉は、〈最終的目標⇒夢〉が在って初めて生きてくる ということだろう。
 當山にあっては、〈目前の目標〉・・・銚子に移寺されてより300年来手付かずのままであった妙見宮再建という、先師の願行を我が重責とする《時》を頂戴した・・・行動あるのみ。
 迎えた本年、易では(ひのえ)(さる)・二黒土星という星を称して
見龍(けんりゅう)(でん)に在り、大人(たいじん)を見るに()ろし』とある。龍が渕の奥底より出て来てはいるものの、未だ岸辺にいて、渕から容易に躍り出てこれない在り様・・・意のままに抱負を実行に移すには実力不足、いわば産みの苦しみの時期とも取れる。そこで大人を見るに利ろし、信頼のおける、又誠実な有縁の人材の協力が是非とも必要であると共に、地道に自らの足場・足元を固めていく《時》・・・遠慮(遠き(おもんばか)り)。人、遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り。遠きを観る眼差(まなざ)しを養いたい。
 キリンの目線は、行く手に立ちはだかるものに不安と茫漠たる焦燥感を伴うが、さりとてラクダの安逸感では、事は大成しない。
 覚悟の
《時》である。